新築の間取りと方位、優先順位は?

方位と間取りがうまく当てはまらなくて困りました。

家の向きによって方位を気にすると、駐車場の位置、トイレの場所などが思ったところに配置できず、間取りを作り上げるのに時間がかかってしまいました。住みやすさを優先するか、方位を優先するかで、家族で揉めることも多くなってしまい、家を造ることが目的になって、生活の実情がみえにくくなっていました。

一旦方位から離れて、何を自分たちの生活で優先したいか、生活導線から考えていくことにしました。その中で、どうしても譲れない凶方からトイレなどの汚水をずらしました。どうしても動かせない部分については、方位除けを行い、生活の中で清潔を保っていく方向で話をまとめていきました。どんなにいい方位で家を建てても、実際生活したときに支障が出るようでは、それは良い家であるとは言えないと思います、という建築士さんの言葉が印象的です。その言葉を聞いて、気持ちも切り替えていくことができました。

方位にとらわれても、間取りにとらわれてもいけないと思います。迷ったときは一旦その案件から離れて、実際の生活を想像してみてください。その想像上差し支えなければ、方位を優先してもいいと思いますが、想像した生活でも不便が出るようなら生活像を優先していったほうが良いと思います。実際の生活の中で清潔を保ち、凶方を作らないようにできますから、深く考えすぎないことも大切だと思います。
もっと大切な住み心地をよくするためのこだわりポイントが誰しもあると思います。それを家の耐震や断熱などの構造にも目を向けて家づくりをしてみてください。間取りやデザインももちろん大事です。