断熱と調湿にこだわりを持った一戸建て住宅

私が家を建てる時に重要視したのは、とにかく冬でも暖かく過ごせるということでした。そして、湿度がなるべく一定に保たれていることも必須でした。日本は比較的湿度の高い国なので、湿気を溜め込まないように通気性を確保した家が昔からの基本設計だったそうです。そのため、大昔の家というのは夏は涼しく冬は寒い家でした。しかし私は、夏は涼しく冬は暖かい家になることを第一希望として家を建てました。さらに、内壁と外壁の間にカビが生える「隠れカビ」を防ぐため、湿度調整にもこだわりました。

夏は涼しく、冬は暖かいという家を実現させるため、まず建材にこだわりました。新聞紙を利用したセルロースファイバーで断熱性能を高め、家の中の壁は土壁をベースとしたパネルを使用し、調湿効果が高まるようにしました。さらに、外気を取り込む際に一旦地下空間を通ることで、温度が年中一定に保たれる換気システムを利用しました。これにより、夏は涼しく冬は暖かい、さらに湿度も一定に保たれてジメジメしないスッキリした家を建てることができました。

家をなるべく安く建てることは大切な要素ですが、一番に「良い素材を使う」ということを考えてほしいと思います。家は、家族が一緒になって過ごし、心と体を休める大切な空間です。ぜひ家族みんなが健やかでいられる住まいづくりを目指して下さい。