私の考えるストレスフリーな理想の一戸建て

私が家を建てる際に重視したことは、自分や子どもが使う部屋が、プライベートな空間になるかどうかです。部屋同士が、クローゼットや押入れなどでワンクッションおかず、壁一枚で隣接している家は、部屋があっても隣の声や、音楽、テレビの音など気になってしまうと思うからです。何歳になってもプライベートな時間や空間に重視したいと思っています。
実際に私がプライベートな空間を確保するために考えた理想の家は、部屋同士を壁一枚で隣接させないように、部屋と部屋を挟む壁側にクローゼットや押入れを作ったこと。また、部屋がいくつも横に並ぶと、結局真ん中に置かれる部屋は両隣の音が気になってしまうので、並ぶ部屋は2つにして、そこは子どもたちが使い、その反対側、廊下を挟んで私と主人の部屋を一つ作りました。廊下を挟んでいるだけでも感じるストレスはだいぶ違う思います。
自分たちが重視するものをしっかり考えて、何が大切か、どうしたら暮らしやすいのかよく相談するといいと思います。