自分の部屋の確保について

一戸建てを考える際に、特にお父さんが気にするのは自分の部屋を確保することができるかどうかです。もしくは、実際に部屋を確保することができなくとも、趣味の貯蔵物、さらには自分なりのコレクションを収納するスペースを確保することが可能かどうか、それを一番に考えるはずです。設計に当たって、一戸建てであれば、収納スペースは最初の段階でなくとも組み込むことが可能な場合がほとんどです。だからこそ、自分自身部屋が確保できないことがわかれば、次のお父さんの希望は自分なりの収容スペースの確保になります。それがゴルフクラブなのか、プラモデルなのか、事情は大きくことなるでしょう。個人の事情があるとはいえ、設計段階で仕様を変えることによって予算にも影響がでてくることも確かです。だからこそ、早い段階でこういった大きなパーツを算定しておき、逆にどこかで予算を削減するといった動きをとらねばなりません。予算管理が何よりも重要です。